おでこの脱毛

「おでこの産毛が恥ずかしい」
「生え際の毛が濃くて、狭いおでこが変」

 

そんな悩みを持っていませんか?
このページではおでこを脱毛してツルツルにして自信を持って出したい!
そんな方におでこの脱毛について解説します。

 

顔の皮膚は体の中でも敏感な箇所の一つです。
丁寧に脱毛しないと肌トラブルになりやすい所です。

 

 

1.おでこをカミソリで処理するのは危ない?

 

おでこの産毛や生え際の毛を、
カミソリや毛抜きで脱毛や除毛していませんか?

 

カミソリや毛抜きは簡単に脱毛が出来る便利なアイテムです。
しかし、カミソリや毛抜きを使っていると思わぬ肌トラブルになるかもしれません。

 

カミソリのデメリット

 

カミソリは肌に刃が触れるため知らないうちに目に見えない小さな傷がついてしまいます。
傷付いた肌はそれを修復しようとメラニンを出し、これが黒ずみの原因となります。

 

毛抜きのデメリット

 

毛抜きも、抜いた毛穴からバイ菌が入ったり、
途中で切れた毛が残ったり、毛穴が硬くなって埋没毛になったりというトラブルの原因になります。

 

カミソリも毛抜きも、間違った方法で使い続けると肌トラブルの原因となるのです。
肌トラブルを引き起こす前に正しい処理方法を身に付けることが大切です。

 

 

カミソリの正しい使い方と間違った使い方について

 

 

正しいカミソリの使い方を解説する前に前提として、
長期間カミソリでムダ毛処理はオススメ出来ません。

 

カミソリの刃で毛を剃るということは肌へダメージを与えるとになります。
目には見えない細かな傷がついて「黒ずみ」の原因となってしまうのです。

 

また、カミソリでの処理は皮膚の表面を覆って肌表面の水分をキープしたり、
細菌やウイルスから守ってくれている角質層まで一緒に剃ってしまいます。

 

角質層が剥がれてしまうと乾燥や、炎症の原因にもなり兼ねません。

 

1.準備するもの

 

カミソリ
蒸しタオル
シェービングクリームまたはシェービングジェル
化粧水や乳液、美容クリーム

 

2.脱毛する箇所をキレイにする

 

カミソリで剃る前は必ず除毛する箇所を清潔にします。
汚れた状態のままですと、カミソリで付いた傷から雑菌が入り込み
炎症などの肌トラブルの原因となります。

 

3.蒸しタオルで温める

 

カミソリ処理の前に「蒸しタオル」で温めることをオススメします。
蒸しタオルでムダ毛に水分を与えて柔らかい状態にすることで剃りやすくなります。
蒸しタオルは電子レンジで簡単に作ることが出来ます。

 

 

4.カミソリは必ずシェービングクリームを使って処理する

 

必ず「シェービングクリームやジェル」を使用してください。
専用のクリームには毛を柔らかくして剃りやすくしたり
肌を保護する成分が含まれているため、
シェービング後の肌トラブルを最小限に抑えてくれます。

 

 

5.カミソリは毛の流れに沿って当てる

 

毛の流れに沿ってカミソリを当てましょう。毛には必ず生えている方向があります。
その流れに逆らわず、力入れずに剃ることが大切です。

 

毛の流れに逆らって沿ったほうがキレイに剃れている感覚をお持ちかもしれませんが、
流れに逆らうと肌へのダメージが大きくなって肌荒れや出血の原因となってしまいます。

 

 

毛の流れに沿って力を入れずに剃ると、剃り残しが出てくるハズです。
剃り残しがある場合にのみ逆剃りしましょう。
逆剃りするときも一本一本丁寧に力を入れず、
出来るだけ肌にダメージを与えないように優しく剃るようにしましょう。

 

 

6.カミソリ使用後は冷水で冷やす

 

カミソリでの処理が終わったらシェービングクリームをしっかり洗い流したあと、
冷水で冷やしてあげましょう。
冷水で冷やすことで毛穴を引き締めることが出来ます。

 

カミソリの使用後は肌が火照っていて、
そのままだと痒みが出る場合がありますので痒み防止にも冷水が効果的ですよ。

 

 

7.全ての処理が終わったらアフターケアを忘れずに

 

全ての処理が終わったら最後は化粧水や乳液、美容クリーム、ローションでのアフターケアをしましょう。
アルコールが含まれている化粧水などは殺菌効果があり炎症を防ぐ効果があります。
また、カミソリ使用後は脂分も失われていて乾燥しがちです。
乳液などで保湿をして肌の潤いを保ってあげてくださいね。

 

 

毛を抜くときは毛根からしっかり抜き取る!正しい毛抜き方法

 

 

毛抜きを使った脱毛は闇雲に引っ張っているだけだと、肌トラブルや黒ずみ、色素沈着の原因となります。
ムダ毛を早急に処理しなければならない場合は正しい毛抜き方法で脱毛してくださいね。

 

 

1.毛抜き選びは超重要

 

毛抜きなんでどれも一緒。100円ショップで売っているものでいいや!と思っていませんか?
安い毛抜きは先が整っておらず毛をしっかりと掴むことが出来ないものがあって、
キレイに抜くことが出来なかったり途中で切れてしまう原因の一つとなります。

 

毛抜きの失敗は埋もれ毛や黒ずみなどの原因となってしまいます。

 

 

2.毛穴を開く

 

まず、毛抜きをする際は「毛穴を開いた」状態で行うようにしましょう。
何もしない状態で毛抜きを使うと上手く抜くことが出来ないし、痛みも伴います。

 

毛穴を開くためには「蒸しタオル」でムダ毛処理する箇所を蒸らしましょう。
蒸しタオルは濡らしたタオルをサランラップで包んで、
電子レンジで1分?2分温めれば簡単に作ることが出来ます。
電子レンジから取り出す際はヤケドに注意して取り出してくださいね。

 

「お風呂」での毛抜きはNG

 

お風呂は清潔なイメージがありますが湿度の高いお風呂、
特に湯船は雑菌が潜んでいる可能性が高いです。

 

毛抜きした箇所から雑菌が入り込むと炎症を引き起こしてしまう場合がありますので
毛抜きをお風呂で行うことは避けましょう。

 

 

4.毛の流れに沿って抜く

 

脱毛箇所をすっかりと蒸らしたら毛の流れに沿って抜くようにしましょう。
毛の流れに逆らって抜くと途中で切れる原因となります。
毛抜きを持っている反対の手でしっかりと抑えながらゆっくり抜くとキレイに抜けます。
毛穴が開いた状態であれば勢い良く引っ張らなくてもキレイに抜けます。

 

勢いよく引っ張って抜くと途中で切れて毛根が残って黒ずんで見えてしまいます。

 

5.毛を抜いた後は毛穴を閉じる

 

脱毛箇所を蒸して、毛穴を開いた状態で毛抜きをした後は毛穴を閉じるようにしましょう。
毛抜きを使用したあとそのままにしておくとどんどん毛穴が開いてしまいます。
毛抜きをしたあとは冷水につけたコットンや、氷嚢(ひょうのう)、
アイスノンなどで冷やして毛穴を閉じてあげてください。

 

 

6.脱毛したら必ずアフターケアを

 

毛抜きに限らずカミソリでの除毛でも、終わったあとは必ずアフターケアを行います。
脱毛箇所に化粧水や乳液、ローションなどでしっかりと保湿してあげましょう。
脱毛後は少なからず肌へダメージが残っていますので
面倒くさがらず行うことで肌を守ることが出来ますよ。

 

 

毛抜き脱毛を続けたときのデメリット

 

 

1.黒いポツポツ「埋もれ毛」が出来る可能性

 

毛抜きでの脱毛をしていると、途中で切れて黒いポツポツが出来たしまった経験はないですか? 
実は黒いポツポツは毛が残っただけではない可能性があります。

 

毛抜きでムダ毛を抜くと肌へダメージを与えていることになります。
すると体が「ケガをした」と判断し、体を守ろうと毛穴を強くしてしまいます。
いわゆるカサブタ状態になり、次に生えてくる毛が体の外に出ることが出来なくなっている状態です。

 

無理して引き抜こうとすると逆効果ですので保湿をしながら、
気長に正常な状態になるのを待つしかありません。

 

毛抜きは「埋もれ毛」になるリスクがあるのです。

 

2.色素沈着やたるみ、炎症の原因とある可能性

 

毛抜きは毛だけではなく、皮膚も一緒に引っ張ることになりますので
長期間毛抜きを使用していると皮膚のたるみやブツブツの原因となってしまいます。

 

とくに目の周辺、まぶたなどは筋肉が弱く皮膚がたるみやすい場所です。

 

また、毛抜きで弱った肌に紫外線を浴びると色素沈着の原因にもなるので
雑菌が入り込むと炎症を引き起こしてしまうかもしれません。

 

 

3.毛抜きの失敗は毛を濃くしてしまうかも

 

毛抜きで上手に抜けないと毛の先端が割れて、
成長と共に毛先が2本、3本と分かれて生えてくる可能性があります。

 

また、毛抜きで抜き続けると毛穴が大きくなり
最初は産毛のような毛も段々と太くなってしまうかもしれません。

 

このように気抜きでの脱毛は即効性がある反面、
長期的に見るとデメリットがたくさんあるのでオススメ出来ません。

 

一本一本正しい抜き方で行うと一時的にキレイになりますが手間も掛かるため、
他の脱毛方法を選択することをオススメします。

 

 

また、カミソリや毛抜きより肌に優しい処理方法として
「電動シェーバー」がおススメです。

 

電動シェーバーは刃が肌に直接当たることなく除毛出来るので肌に優しく処理できます。
おでこには「L字型シェーバー」がオススメですよ。

 

 

おでこを脱毛クリームでキレイに処理する方法

 

自宅で自分でおでこをキレイにする方法で脱毛クリームを使う方法があります。
脱毛クリームとはクリームをおでこに塗ることで毛を溶かしてキレイにする脱毛方法です。
肌表面にある毛を溶かすので、永久性はなく処理後2週間程で生えてくるので定期的な処理が必要です。

 

カミソリのように刃を肌に当てる必要がないため安全ですが
毛を溶かすほどの強い効果の薬のため肌に合わない場合があるので注意が必要です。
脱毛クリームを使用する際は必ずパッチテストを行なってから使用してください。

 

特におでこなどの顔に脱毛クリームを使う場合は注意が必要です。
顔は体の中でも肌が薄く敏感な所なので肌に優しい除毛クリームを選びましょう。

 

「鏡花水月の脱毛クリーム」は低刺激で7つの自然エキスで敏感肌を保護する女性専用の除毛クリームです。
肌への刺激を少なくしながらしっかり除毛してくれるので
初めて除毛クリームを使う人でも安心して使うことが出来ますよ。

 

万が一、肌に合わない場合の返金保証があるのも嬉しいポイントです。
始めて除毛クリームを使う人は肌に優しくて返金可能なお店の商品をオススメします。

 

 

3.レーザー脱毛・光脱毛でのおでこ脱毛

 

レーザー脱毛と光脱毛はクリニックや脱毛サロンで受ける脱毛方法です。
レーザー脱毛と光脱毛は基本的な仕組みが一緒の脱毛方法です。

 

メラニン色素に反応する光を照射し、毛根がその光を吸収し毛根を破壊する脱毛です。

 

レーザー脱毛・・・強い光で効果大・比較的痛みがある
光脱毛・・・弱い光で効果弱・比較的痛くない

 

レーザーや光はメラニン色素の黒い色に反応して脱毛するため、
産毛のような色の薄い毛は脱毛出来ない可能性があるんです。
そのため、脱毛器の種類によっては産毛の脱毛が苦手な機種も存在します。

 

また、おでこに「ホクロ・ニキビ跡」がある場合にも、お断りされる場合があります。

 

ホクロもニキビ跡もメラニン色素が含まれているため光を照射した際に
ホクロやニキビ跡が光を吸収しヤケドしてしまうリスクがあるためです。

 

 

おでこのレーザー脱毛の期間と回数と費用

 

おでこをクリニックでレーザー脱毛を行う場合は
合計6回前後の処理が一般的なコースとなります。

 

脱毛は「毛周期」と呼ばれる毛が生え変わるサイクルに合わせて脱毛を行うため、
一度処理したあとは2〜3ヶ月程間隔をあけなければなりません。

 

そのため、脱毛が完了するまでに1年〜1年半という期間を要します。

 

おでこの脱毛に掛かる金額はそれぞれのクリニックで異なりますが、
「6回コース 5万円〜」が目安となります。

 

おでこの光脱毛の期間と回数と費用

 

光脱毛でおでこ脱毛する場合は合計12回前後のコースが一般的です。
レーザー脱毛より弱い光のため回数を重ねてキレイにする必要があります。
脱毛の間隔はレーザー脱毛と同じ2〜3ヶ月の間隔を空けます。

 

そのため、脱毛が完了するまでに2年〜3年程度の期間が必要になります。

 

 

 

4.産毛の脱毛が痛みなしで出来るハイパースキン脱毛

 

ハイパースキン脱毛とはレーザーや光脱毛とは全く違う脱毛法です。。
レーザー脱毛や光脱毛は「今生えている毛」を脱毛する脱毛方法ですが、
ハイパースキン脱毛は「これから生えてくる毛の種」、
発毛因子をターゲットとした光を照射して脱毛します。

 

 

ハイパースキン脱毛は発毛因子をターゲットにするので、
高熱を必要とせず光を照射しても温かみを感じる程度で痛みがほとんどなく、
レーザー脱毛や光脱毛が苦手としていた「おでこの産毛」の脱毛も可能です。

 

また、ホクロやニキビ跡、アトピー体質の人も脱毛出来る可能性が高いです。

 

ディオーネは「ハイパースキン法」で顔の産毛の脱毛が可能です。
3歳から脱毛出来るディオーネの脱毛は痛みがほとんどなく脱
毛出来るため痛みに弱い方に特にオススメの脱毛サロンです。

 

脱毛と同時にフォト美顔の光も同時に照射されるためコラーゲンの生成を助けて
細胞を活性化させる効果があるため黒ずみ改善、
肌質改善などの美顔効果も期待出来るうれしい脱毛です。

 

 

5.糸脱毛でおでこをキレイに脱毛する

 

 

糸脱毛とは数種類の糸を駆使して行う脱毛方法で、
中国や韓国、東南アジアなどで古くから行われている脱毛方法です。

 

それぞれの国で独自に発達し、特徴が異なりますが日本で行われている糸脱毛も、
日本人の肌や毛質に合った方法で脱毛してくれるところがあります。

 

最近ではアメリカでも糸脱毛を行うサロンが増えている人気の脱毛方法です。

 

太さの違う数種類の糸を使って、毛を挟んで抜いたり、カットして脱毛していきます。
細い糸で細かな箇所でも脱毛出来るので生え際などもキレイな脱毛が可能です。

 

また、糸脱毛は肌に適度な刺激を与えることでマッサージ効果が得られます。
血行がよくなり、ニキビ肌や乾燥肌にも効果が期待出来ます。

 

糸脱毛はあくまで「毛を抜く」という処理のため永久脱毛ではありません。
定期的に通わなくてはなりません。

 

それでも、回数を重ねていくうちに毛根が弱々しくなっていくため毛が目立たなくなります。

 

 

6.ワックス脱毛でおでこをキレイに脱毛する

 

ワックス脱毛とは、おでこにワックスを塗り毛と密着させたあと
一気に引き剥がすことで毛も一緒に引き抜くという脱毛方法です。

 

ワックス脱毛を専門に行なっているエステサロンもあります。

 

また、専用のワックスも市販されているので自分で行うことも出来ます。
ワックス脱毛は毛と一緒に皮膚も引っ張るので肌にダメージを与えてしまいます。

 

そのため、おでこのような顔の敏感な箇所を自分でワックス脱毛することはオススメ出来ません。

 

自分でワックス脱毛したい人は上記のような敏感肌用のワックスシートを活用することをオススメします。
使い方も簡単なので初めての人でも安心です。

 

 

おでこを含め、顔は敏感な箇所の一つです。
また、人に見られる箇所でもありますので肌トラブルは避けたい箇所です。

 

カミソリ、毛抜きでの処理は自分で気軽に簡単に処理することが出来ますが
間違った方法で行うと肌トラブルの原因になるため注意が必要です。

 

レーザー脱毛や光脱毛、ハイパースキン脱毛はプロにお任せして確実に処理出来る方法ではありますが、
相当の費用が発生するためクリニックやエステサロンはじっくり選ぶ必要がありますよ。