医療脱毛とエステ脱毛の違いについて

脱毛にはたくさん種類があるけれど、医療機関の脱毛は何が違うかわかりますか?
医療機関で受ける脱毛のメリットについて解説します。

 

医療機関の脱毛のメリット

 

脱毛は脱毛サロンでもできますが、医療機関の脱毛のメリットは何でしょうか?
医療機関での脱毛は高いイメージがありますよね・・・

 

医療脱毛には「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」の2種類あります。
ニードル脱毛とは毛穴に針を刺し込んで毛根を焼き切るという脱毛方法で、
一昔前は盛んに行われていた脱毛方法です。

 

毛穴を一個一個を処理していくため、膨大な時間と費用が掛かるため
現在はあまり行われていません。
強烈な痛みを伴う脱毛方法なのであまり人気もありません。

 

ここからは医療機関(クリニック)のレーザー脱毛を紹介します。

 

医療脱毛とエステ脱毛の違い

 

医療機関で脱毛する最大のメリットは「レーザー脱毛」を受けられるという点です。
レーザー脱毛とは特殊な光を照射することで、
毛根やその奥にある毛を生やす細胞を破壊する脱毛です。

 

ムダ毛の毛根組織を破壊出来る特定の波長の光を照射します。

 

テレビCMで芸能人が宣伝している脱毛サロンのほうがキレイになりそうなイメージですが、
脱毛サロンは「光脱毛」と呼ばれるレーザーよりも弱い光を照射して脱毛する方法なんです。
資格のない医師以外の人でも扱うことが出来る脱毛器なのです。

 

レーザー脱毛は毛根や毛を生やす細胞を破壊するという医療行為です。
強力な光を照射するので脱毛効果が脱毛サロンよりも高いのです。

 

レーザー脱毛について

 

医師のアフターフォローが受けられる

 

医療機関での脱毛の2つ目のメリットは「医師の診察・アフターフォロー」
を受けることが出来る点です。

 

レーザー脱毛は毛根や毛を生やす細胞を破壊するので、痛みを伴います。
とくに女性のデリケートゾーン「VIOライン」は非常に痛みも強いです。

 

医療機関では医師によるカウンセリングから始まり、
アフターケアもしてくれるので初めてでも安心して出来る脱毛方法です。

 

また、痛みが強い場合はオプションで麻酔してくれる場合もあるので
痛みに弱い人でも安心ですね。

 

万が一、施術後に肌トラブルが起こった場合でも薬を処方することが出来ます。
脱毛サロンで肌トラブルが起こっても薬を処方することが出来ません。
自分で別の病院に行って治療を受けなければならないのです。

 

 

アトピーなど元々肌トラブルを抱えている人にも安心

 

アトピーや敏感肌など、元々肌にトラブルがあっても安心出来るのが医療脱毛のメリットです。
アトピーの方が脱毛サロンで脱毛するには医師の診断や許可が必要な場合があります。

 

クリニックでの医療脱毛は事前カウンセリングやテスト照射を行なって
問題ないかどうかを診察したあとに施術を受けるので安心です。

 

 

医療機関での脱毛デメリット

 

医療脱毛には多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

 

産毛や白髪などの脱毛には向かない

 

医療脱毛のレーザー脱毛は白髪や産毛の脱毛が苦手です。
レーザー脱毛は毛根にあるメラニン色素などの色に反応する光を照射して脱毛するので、
白髪のような白い毛根、産毛のような薄い毛根には反応しにくいという特徴があります。

 

 

ホクロや日焼けした肌の脱毛が出来ない可能性こともあります

 

ホクロや日焼けした肌はメラニン色素が多いため、
レーザーの光が反応してしまいヤケドする恐れがあります。

 

脱毛を受けるクリニックによってはお断りされる可能性があります。 
ホクロの場合はレーザーで除去したあとに受けることが出来ます。
多少の日焼けは問題ないのですが、過度な日焼けの場合は施術出来ないこともあります。

 

その場合は黒人さんでも脱毛出来るYAGレーザーという脱毛器を使用しているクリニックが良いかもしれません。

 

レーザー脱毛の種類

 

レーザー脱毛にはいくつか種類があります。脱毛器によって特徴が異なりますので、
レーザー脱毛を受けるクリニックを選ぶ際の参考にしてみてください。

 

1.ダイオードレーザー

 

ダイオードレーザーの特徴は他の脱毛器と比較して痛みが少ないという点。
また、ある程度のうぶ毛まで対応可能というのはメリットでしょう。

 

また肌の負担が少ないというのも特徴です。
ただ。アレキサンドライトレーザーと比較すると処理範囲が狭いため
施術に時間が掛かるというデメリットがあります。

 

2.アレキサンドライトレーザー

 

アレキサンドライトレーザーはダイオードレーザーより痛みを伴います。
冷却ガスで照射中の皮膚を冷やしながら施術を行うためジェルを塗る必要がないので
スピーディーな処理が可能です。
また、施術範囲が広いため施術時間は短いというのが特徴です。

 

濃い毛には効果的ですが産毛の脱毛効果はほとんどありません。
美肌効果も期待出来るため脱毛と一緒に美肌効果を期待している人向けの脱毛機です。

 

 

3.ロングパルスヤグレーザー

 

ロングパルスヤグレーザーは肌の色を選ばないで脱毛出来るというメリットがあります。
日焼けした人などに対応出来るというメリットがあります。

 

光が他の機械よりも奥まで届くため男性のヒゲに最適な種類です。
デメリットとしてはダイオードレーザーよりも痛く、
効果の持続性も短いという点が上げられます。

 

このように脱毛器によって特徴が異なります。
総合的に見るとダイオードレーザーが痛みも少なく脱毛出来るという点で優れているようです。

 

医療脱毛の効果

 

医療脱毛は「永久脱毛」と呼ばれます。
永久脱毛と聞くと二度とムダ毛が生えてこないと思っている人が多いです。

 

しかし永久脱毛の定義は「最終脱毛から1か月後の時点での毛の再生率が20%以下の場合」とされています。
逆に言えば20%は生えてくる可能性があっても永久脱毛と呼ぶことが出来るのです。

 

この永久脱毛の定義は「米国電気脱毛協会」で定められたものです。

 

この定義の20%以内の場合は永久脱毛と呼ぶことが出来るため
医療脱毛とエステ脱毛は同列のようにみなされていますが、効果が高いのは医療脱毛です。

 

毛穴を確実に処理するため本当の意味での永久脱毛はニードル脱毛のみと言えるでしょう。

 

レーザーでの脱毛はほとんどの人が効果を実感することが出来ます。
しかし、体質的な問題で数千人に数人など一定数脱毛効果が薄い人がいるようです。

 

また、毛抜きでの自己処理を続けていた人の中には毛穴が変形してまい脱毛効果が得られない人がいます。
これら特殊な事情がない限りレーザーでの脱毛は効果的と言えます。

 

医療脱毛後に毛が生えてくる原因

 

脱毛終了後でも数%の毛がまた新たに生えてくる可能性があります。
脱毛終了後にまた毛が生えてくるのにはいくつか原因があります。

 

1.毛周期による取りこぼし

 

私達の体から毛は「毛周期」と呼ばれるサイクルで毛が生えてきます。
毛周期は「成長期・退行期・休止期」と3つに分類することが出来ます。

 

毛がどんどん伸びてきて毛根が元気な状態の成長期にレーザーを照射するのが最も脱毛効果が高いです。
退行期は成長しきった毛が抜けるための準備期間、休止期は毛根が完全に休んでいる状態のことです。

 

レーザー脱毛はこの毛周期に合わせて2ヶ月〜3ヶ月の期間を空けて
数回に渡り光を照射することで全ての毛根を破壊します。

 

しかし、タイミング悪く毛根にダメージを与えることが出来ない可能性があるため
脱毛終了後でも生えてくる可能性があるんです。

 

2.産毛の成長

 

レーザー脱毛は産毛の脱毛が苦手です。
脱毛期間はまだまだ細い産毛だったものが太い毛に成長してしまった可能性も考えられます。

 

3.ホルモンバランスの乱れ

 

毛の成長は「男性ホルモン」による影響を受けています。
そのため、男性ホルモンのバランスが乱れが原因で再び毛が生えてくるという可能性があります。
女性の場合、歳を重ねると男性ホルモンが増加する傾向にあるので毛深くなることがあります。

 

レーザー脱毛の施術期間や回数

 

レーザー脱毛は毛周期に合わあせて光を照射することで脱毛が可能になります。
そのため、2〜3ヶ月に一度の間隔で合計5回程度の施術受けて脱毛完了になるクリニックが多いです。

 

毛の量や施術箇所によりますが、期間として「1年〜1年半」程度でムダ毛のないキレイな状態になります。

 

個人差はありますがだいたい3回目の施術くらいから効果を実感する方が多いようです。

 

 

医療脱毛クリニックを選ぶポイント

 

1.料金

 

脱毛で一番気になるのがその料金ですよね? 
医療脱毛は同じ脱毛という行為でも金額はそれぞれ異なります。
脱毛箇所によっても金額は違いますが、個別脱毛で1万円〜
全身脱毛だと30万円〜くらいが相場です。

 

全身脱毛の金額での比較は下記の通りです。

 

横浜中央クリニック   →全身脱毛(顔・VIO含む) 439,200円

 

カルミア美肌クリニック →全身脱毛(顔・VIO含む) 646,000円

 

ドクター松井クリニック →全身脱毛(顔・VIO含む) 466,000円

 

湘南美容外科 →全身脱毛(顔・VIO含む) 435,370円
アリシアクリニック →全身脱毛(顔・VIO含む) 499,480円

 

このようにクリニックによって金額が異なります。

 

全身脱毛は高額ですが、個別の脱毛を繰り返すより圧倒的にお得になります。
医療脱毛を選ぶ際はまずは自分が脱毛したい箇所の金額比較を行なってください。

 

2.基本料金以外に発生するものがある

 

脱毛の場合、基本料金以外の費用が発生する場合があります。

 

例えば、予約をしていたけど急な用事で行けなくなった場合には
キャンセル料が発生する場合があります。

 

キャンセル料で1万円も支払うこととなると結構痛いですよね?

 

また、施術前のシェービング代や痛みを緩和する麻酔料金が考えられます。

 

これらの基本料金以外に掛かる費用の取り扱いがそれぞれのクリニックで異なりますので
基本料金以外の費用も含めたトータル費用で比較する必要があります。

 

3.まずは事前カウンセリングでスタート

 

医療脱毛に限らず脱毛したいからといって、
いきなりクリニックでその日に脱毛!なんてことにはなりません。

 

どこのクリニックでも事前カウンセリングからが基本です。
しっかり自分が聞きたいことや気になることを確認するようにしましょう。

 

基本料金以外で発生する可能性がある費用

 

基本料金以外で発生する可能性のある費用は必ず確認しましょう。
無料カウンセリングはまだ「契約」したわけではありません。
遠慮せずに、金銭面はしっかり確認しておきましょう。

 

キャンセル料、シェービング料、麻酔料などなど
別途発生する可能性があるものはたくさんあります。

 

キャンセル料について

 

もし万が一、行くことが出来ない場合のキャンセル料についても必ず確認する必要があります。
キャンセルじゃなくても予約時間に遅れていくこともあるので
遅刻した際の取り扱いも合わせて確認してみてください。

 

自分が脱毛したい箇所の金額

 

無料カウンセリングの際は脱毛したい箇所の金額は改めて確認しましょう。
もしかしたら確認したときの金額と異なっている場合もあります。
逆にキャンペーンで安くなる可能性もあるので、
実際の金額は無料カウンセリングのときに改めて確認するようにしましょう。

 

途中で辞めたい場合の対応

 

レーザー脱毛が痛すぎたり、どうしても体に合わない場合の取り扱いも
必ず確認する必要があります。

 

クリニックによっては契約した段階で全額支払わなければならない契約を結ぶところもあります。
脱毛の進捗状況によって割返して計算してクリニックもありますので
これから脱毛しようとしているクリニックはどういう対応をしてくれるのかをしっかり確認してください。

 

また、仕事の都合で転勤しなければならない場合の取り扱いも要注意です。
医療脱毛は短くても半年〜1年程度の期間がかかるので
生活環境が変わってしまうこともあります。

 

アトピーや妊娠などの対応

 

もし、あなたがアトピーなど皮膚になんらかの問題を抱えている場合は
必ず事前に確認する必要があります。
場合によっては脱毛出来ない場合があります。
女性であれば脱毛期間中に妊娠する可能性も考えられますので合わせて確認してみましょう。